HOME >  Special Contents >街角のこだわりジェントルマン、ファッションチェックVol.14

街角のこだわりジェントルマン、ファッションチェックVol.14

PORTRAIT

吉岡宣善さん(30)

エクスドリームインターナショナル(株)取締役

IT、Webを利用して多数の企業を繋ぎ「1社では為し得ない事業構築を行い、価値あるビジネスを社会に創り出す」という企業理念のもと、日夜奔走する若きビジネスマン

スーツはその時々の感覚で選び、靴は一人の職人にこだわったものを履いています。

「多種多様な人と会うことが多いので、スーツは大切なビジネスツールですね」

こう語るのは“日本のモノ造り”のために、企業のネット(Web)環境構築の支援を行なう事業を営む吉岡宣善さん。

「でも、高価であればいいというのではなく、あくまでも着心地重視のチョイスですね。自分のフィーリングに合えば、価格はあまり関係ないですね(笑)」

色や柄は季節など、その時々の“感覚”で選ぶのだという。

「ひとつだけこだわりがあるとすれば、タイトめのフィット感が好き、ということくらいですか(笑)。ですから、少しウエストラインが絞られたシルエットのものを選びがちですね」

一見、スリムに見える吉岡さんだが、実は学生時代にラグビーをやっていた関係で、肩から胸にかけて太い筋肉がついている。そういう人がウエストのシェイプされたスーツを着ると、実に恰好良く見える。また、シャツはボタンダウンを着用することが多いとも。

「必要がない場であれば、ネクタイをしなくても様になるし、楽じゃないですか。だから便利なんですよね(笑)」

そう言って笑う吉岡さんの足元に視線を移すと、履いている靴はかなり凝ったもののように見受けられるのだが……。

「靴だけは姫路の今井宏樹さんという職人さんのものしか履かないんです。丁寧な手染めの革で作られた靴は、最高の履き心地なんです。ここが僕のビジネスファッションで、一番こだわっている部分かな(笑)」

そんな吉岡さんの今日のファッションディーティールを見ていくことにしよう。

Point in Check!
Breast
ITEM01

チョークストライプのスーツに淡色のシャツ、やや細目のタイでVゾーンをシャープにまとめている

Shoes
ITEM02

ご自分で「一番のこだわり」という“Imai Hiroki”の靴。アッパーは吉岡さんの希望で染め上げられている

Calculator
ITEM03

「物事を数字で考えることが多いので(笑)」といつも持ち歩いているアマダナの計算機。小物選びのセンスも抜群だ

Bag

愛用のバッグは“フランクダニエル”。パソコンに大量の書類、手帳などを入れて酷使しても壊れない堅牢さとデザインが気に入っているとか

watch

「父親から譲り受けたものなんですけど」と、腕時計は30数年前のロレックス。メンテナンスを欠かさず、大切に使っているという

Schedule Book

「IT関連の仕事ですけど、やっぱりスケジュールは手書きなんです」と学生時代からQuo Vadisを愛用しているという

Editors' Impression

随所にきめ細かな、そして好感度の高いこだわりを取り入れてまとまりのあるビジネスファッションを実践している。バッグや計算機、スケジュール長などはもちろんのこと、実はアイウエアも999.9など、小物使のセンス良さも見習いたい!

Back Number
VOL.7 - 2007/08/07
都合により掲載終了
VOL.10 - 2007/11/07
都合により掲載終了
VOL.12 - 2008/01/07
都合により掲載終了
Special Contents
Special Contents